jammin'Zeb_Group
JZ_title_pf

ジャズ・コーラスをベースに、あらゆるジャンルの楽曲を爽やかに歌いこなす、スーパー・ヴォーカル・グループ。
一度ライブに接すると、誰もがそのクオリティーの高さに驚きます。しかしサウンドはあくまでポップ、 決してテクニックに偏ることはありません。ジャミン・ゼブは若きエンターテイナー集団。自由な音楽性を心に響くハーモニーで包み込み、 音楽の好きな全ての世代に「癒し」と「元気」を与えてくれます。

メンバー全員が絶対音感を持っており、特にア・カペラで威力を発揮します。平均身長180cm、4人のうち3人がハーフと、華やかで存在感は抜群。カバー曲の英語がこれまでになくスムーズなのは、ネイティヴのメンバーを始め、皆が日英の言語に精通しているからです。ソロ・ヴォーカルは、強烈な個性を持った各々が自在に入れ替わるため、カラフルで楽しく、 一方でコーラスは不思議な程に美しく溶け合い、柔らかな音色を奏でます。

グループ名は、「楽しくセッションする(jamming)シマウマ(zebra)」から作った造語です。シマウマには、国境や肌の色を越えて、あらゆる音楽を、それぞれが持つ特徴や楽しさをくっきりさせながら表現したいという思いを込めました。またピアノの「白鍵と黒鍵」や、頭文字の「J」と「Z」に「JAZZ」のイメージがある、などなど、 他にももっと隠れた理由がありそうです!?

KOJIRO_2016

Kojiro

本名:鈴木宏二郎

1981年3月24日生・おひつじ座・血液型O・身長182cm

5歳から17歳までピアノを習う。
早稲田大学では一転、スポーツに没頭し(漕艇部 / ボート)、音楽に接する機会は「カラオケ」のみだった。

しかし卒業後「やはり自分には歌が合っている」と確信し、ライブ活動を始める。
多ジャンルに渡る演奏で経験を積む中、スティーヴと出会い、ジャミン・ゼブを結成。

繊細な表現を得意としていて、「癒し担当」「バラード王子」の異名を持つ。
またグループの最年長、リーダーとして、個性的なメンバーたちをまとめている。

【自己申告:好きなもの】

★アーティスト
Stevie Wonder, Lalah Hathaway, Grechen Palato,  よしもとばなな, Jhumpa Lahiri, Anthony Doerr,
Gustav Klimt, Amedeo Clemente Modigliani, Henri de Toulouse-Lautrec

★Daily life
鳥、ビール、焼酎(芋)、走ること、最近は意外にも掃除、友達と飲んで食べること、本、絵、衝動買い

★季節とともに
夏:花火とすいか、枝豆とビール
冬:鍋とお正月ともち
春:桜
秋:半袖から長袖に衣替えする瞬間

STEVE_2016

Steve

本名:仲光 甫(なかみつ・はじめ)

1982年3月13日生・うお座・血液型O・身長180cm
父が日系アメリカ人、母が日本人。
スティーヴはミドル・ネーム。

慶応大学在学中は、ワグネル・ソサィエティー男声合唱団において学生指揮者を務めた。
また2003年に行われた第3回はこね学生音楽祭には有志によるグループで参加、最優秀賞を受賞。
指揮法を故・北村協一氏に師事。
全米バーバーショップ・ハーモニー協会会員。

ジャミン・ゼブでも、コーラスのまとめ役として一役買っている。
素直で伸びやかな声質が特徴だが、 低音から、得意とするファルセットまで、その声域の広さは驚異的。

【自己申告:好きなもの】

★音楽・アーティスト
Berlioz, Mahler, R. Strauss,  Herbert von Karajan, Wiener Philharmoniker, Luciano Pavarotti,
Hilary Hahn, Freddie Mercury, The Hi-Lo’s, The Real Group, Bobby Mcferrin, etc.
~ジャンルに関わらず、響きの豊かな音楽(作品)、演奏が好き。
ソロ・アーティストの場合はよりピュアな音・声の持ち主に惹かれることが多いでしょうか。

★映画
特撮
コメディ
ディズニー(”Toy Story 3″に、涙。。。)
~そういえば恋愛ものはほとんど観ませんね。

★食べ物
麺類(ジェノヴァ風パスタ、担担麺など)
エスニック料理(タイ風グリーンカレー、トムヤムクン)
~嫌いな食べ物はほとんどないのですが、甘いものはそれほど好んで食べません。

★言葉
“musizieren”(ムジツィーレン=音楽する、ドイツ語)
~頭を使って「演奏する」ところからより進んで、  心から自然に音楽と一体になれたら、素敵ですね。

SIMON_2016

Simon

本名:西脇史門

1987年12月31日生・やぎ座・血液型A・身長186cm
父が日本人、母がメキシコ人。

高校時代から歌い始め、ア・カペラ・グループを組んで活動してきた。
大学の先輩であるスティーヴからグループに誘われた結果、 学生時代は「慶応大学・ジャミンゼ部」とも言うべき忙しい日々を送ったが、プロ活動と学業を見事に両立させた。

恵まれた体格から発せられる太い低音は、誰にもまねすることができない。
近年、ソロ・ヴォーカルにも秀でた才能を発揮し、ジャミン・ゼブに、ワイルドでダイナミックな一面が加わった。
メンバー最年少ながら、常に冷静で物事に動じないため、“オトナ”と、一目置かれている。

【自己申告:好きなもの】

★アーティスト
Stevie Wonder, Donny Hathaway,  Brian McKnight, Rachelle Ferrell, India.Arie, Take 6

★趣味・特技
旅行
球技全般、筋トレ
スペイン語
テトリス

★Daily life
麺類、肉料理、タコス
ビール、赤ワイン
お笑い、相撲(観賞)
香水

LENSEI_2016

Lensei

本名:西澤連聖

1984年8月16日生・しし座・血液型O・身長175cm
父が日本人、母がオーストラリア人。

オーストラリア、ゴールドコースト出身。
5才よりピアノを習う。
12歳でコーラスを始め、グリフィス大学クイーンズランド音楽院で作曲とエンジニアリングを学ぶ。
豪でバーバーショップをはじめ、数々のコーラス・グループに参加。
2006年、東京に居を移すとすぐに、コージロー、スティーヴ、シモンとの出会いが待っていた。

ややハスキーなハイトーンと、ネイティヴの英語が、ジャミン・ゼブの個性に大きく貢献している。
ステージ上では、“怪しい”日本語と“天然キャラ”でマスコット的な存在だが、 英会話に戻ると真面目で知的な側面を見せる。
作詞・作曲・アレンジにも才能を発揮し、ジャミン・ゼブはもちろん、様々なアーティストに楽曲を提供している。

<提供楽曲>
・中島美嘉「Cry No More(チャート8位)」
・赤西 仁「アイナルホウエ」
・MYNAME「Shirayuki(チャート7位)」 etc.
———————

【自己申告:好きなもの】

★アーティスト : Billy Joel

★日本のアーティスト : CHAGE&ASKA

★食べ物 : Dark chocolate, Kaiseki ryouri

★休日 : Going to the beach, reading, writing/reading poetry.

★本 : “The Prophet,” by Kahlil Gibran, “Lord Of The Rings,” by J.R.R Tolkein,
“The Top 500 Poems,” edited by William Harmon.

★言葉 : “Life is Beautiful.”

history
ジャミン・ゼブは、ソロでライブ活動をしていたコージローと、アマチュアでジャズ・コーラスに没頭していたスティーヴが出会うことにより始まりました。互いの才能を認め合った二人は意気投合し、スティーヴの後輩であるシモンを誘って練習を始めます。一方、オーストラリアからやって来たばかりのレンセイは、ジャズ・クラブで偶然三人と出会い、セッションを約束。四人が初めて声を出した瞬間!グループが誕生しました。2006年夏のことです。秋からはプロデューサーも入って、半年に及ぶハードなリハーサルを行い、レパートリーを増やしていきました。そんな中、『両国国技館・旭鷲山関引退断髪式』に於いて、土俵の上で「君が代」を歌うなど、早くも大イベントに出演。堂々たるパフォーマンスを披露し、大器の片鱗を示しました。

2007年10月、結成1年にしてメジャー・デビューを果たすと、 直後より東京・丸の内にて定期的なフリー・ライブを実施。回を重ねる度に観客数を増やし、やがて数百人規模にまで膨らみます。この様子を、テレビ、新聞など多くのメディアが驚きを持って採り上げました。

その後も、JVC Jazz Festival、ジャワ・ジャズ・フェスティバル、東京JAZZ、MLB開幕試合(東京ドーム)での日米両国国歌披露など、世界的なイベントに相次いで出演、 海外のそうそうたるアーティストと競演し、喝采を浴びました。
また、有名高級ブランド、企業からは、「他に代わるものがない存在」と、イベント出演への依頼がコンスタントに続いていきます。
2011年末には、東日本大震災からの復興を願ったオリジナル曲、「Rise」がNHKニュースを通じて大きな話題となり、総合TVで4度オンエアされるという、異例の扱いを受けました。

こうして華やかなキャリアを重ねながらも、活動の基盤はあくまで地道なライブ・パフォーマンスに置き、着実に観客動員数を伸ばしてきました。
ジャズ系ライブスペースとして都内屈指の「STB139」では、春秋、各々6daysをソールドアウト。
また、小中高生を対象とする学校公演にも積極的に参加、音楽やコーラスの楽しさに触れてもらおうと、熱心に取り組み続けています。
結果、年間100を越えるステージで鍛えられたスキルは「若くして世界レベルの実力」と、高い評価をいただくに至りました。

2015年3月、学習院講堂にて常陸宮妃華子殿下、近衞甯子(やすこ)様のご臨席を賜るコンサートを開催。5月には「日本ダービー」セレモニーで国歌を披露するなど、その活躍はますます多岐にわたっています。

puroducer
ジャミン・ゼブをトータルにプロデュースするのは宮住俊介。
伝説のアルファ・レコード創世記に、吉田美奈子、YMO、カシオペア等を手がけ、 自らも作・編曲、ジャズ・ピアニストとして活躍する人物です。
works
<イベント>

・旭鷲山引退断髪式セレモニー(両国国技館土俵上にて国歌を披露)
・JVC Jazz Festival(渋谷Bunkamuraオーチャードホール)
・ジャカルタ・ジャワ・ジャズ・フェスティバル(インドネシア)
・MLB開幕試合セレモニー / 日米両国国歌披露(東京ドーム)
・東京JAZZ(東京国際フォーラムA)
・ラグビー日米代表戦セレモニー / 日米両国国歌披露(秩父宮ラグビー場)
・定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台
・アジア交流音楽祭(ミューザ川崎シンフォニーホール)
・岡崎ジャズストリート
・神奈川フィルハーモニー管弦楽団『東北復興支援チャリティコンサート』
・東京ミッドタウン Special Forum 2011(「日本の活力を取り戻そう。」)
・おかやま国際音楽祭
・震災復興コンサート『Smile Again from IWAKI』(福島県いわき市)
・長野県・中学高校芸術鑑賞会
・第22回 全国病児保育研究大会 in 神奈川
・平成24年度 東海北陸地区 私立幼稚園教育研究愛知大会
・横浜・いのちの電話 主催 コンサート
・岐阜県各務原市・市制施行50周年記念イメージソング制作
・ROCKY in シネマ・ミーツ・シンフォニー(読売日本交響楽団との共演・渋谷オーチャードホール)
・モントレー ジャズフェスティバル イン 能登
・すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル
・円谷プロ創立50周年 ウルトラマンシンフォニーコンサート
(東京フィルハーモニー交響楽団との共演・東京芸術劇場 大ホール)
・JDDW 2013 第86回日本消化器内視鏡学会総会
・SAPPORO CITY JAZZ in TOKYO(神宮外苑・絵画館前・仮設ドーム)
・MIKIMOTOジャンボクリスマスツリー点灯式 2013
・新港クリスマスイブ コラボイベント『横浜ベイ・メモリアル点灯式』
・学習院同窓「常磐会」主催 チャリティー・コンサート
・「第82回 日本ダービー」発走前セレモニー・国歌披露(東京競馬場)
・アメリカ大使館「米国独立記念日式典2015」キャロライン・ケネディ駐日大使の前で日米両国国歌披露

<メディア>

・NHK総合:
『首都圏ネットワーク』
『金曜バラエティー』
『NHK歌謡コンサート』
『NHK歳末・海外たすけあい・あなたのやさしさを』
『お元気ですか日本列島』
『とっておきサンデー増刊号・あなたのアンコール』
『大地の恵み音楽祭~日本農業賞記念コンサート~』
『東海北陸フレッシュ便 さらさらサラダ』(中部6県)
『てれまさむね』(宮城)

・NHK-教育:
市民公開講座『進化する肺がん治療』ゲスト
・NHK-BS:
『BS永遠の音楽「映画音楽大全集」』
『映画音楽に乾杯!』
・フジテレビ・FNN系列『FNNスピーク』(音楽を担当)
・テレビ朝日『題名のない音楽会』
・テレビ東京『木曜8時のコンサート』
・中京テレビ『ラッキーブランチ!!』
・TBSラジオ:『大沢悠里のゆうゆうワイド』
他多数

<企業イベント・プロモーション>

ハリー・ウィンストン / ブルガリ / コルム / カルティエ / THE BODY SHOP / サルヴァトーレ・フェラガモ /
ティファニー / トミー ヒルフィガー / DFSグループ / 三菱東京UFJ銀行(PBOお客様限定コンサート) /
シーメンス / 三越・伊勢丹友の会 / 天賞堂 / ミキモト / 大垣共立銀行 / 「飛鳥II 世界一周クルーズ」船上ライブ /
彩きもの学院 / クレール(東海三県 テレビCM:歌と出演)/ トヨタ・レクサス・オーナーズ・コンサート /
ポーラ化粧品 /
etc.

contact_us
■ジャミン・ゼブ、また株式会社 シュン・コーポレーションへのお問い合せは、下記までお願い申し上げます。
Mail : info@shun-co.com

■ジャミン・ゼブ・オフィシャル・ファンクラブへのお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
Mail : fans@shun-co.com